世界の温泉

日本だけではなく、世界にも温泉は存在するのはご存知でしたでしょうか? もっとも代表的な「ヨーロッパ」では、世界遺産にも残されている「バース温泉」があります。
英語でお風呂のことを「bath(バス)」と発音するのはここから来ているとも言われていますね。
そして「アメリカ」でも、「ラッセン火山国立公園」の温泉の歴史は古く2000万年前から存在したと言われています。
また「南極」にも温泉があるんです!「デセプション島温泉」は、なんと火山の火口カルデラが温泉地なんです。
ペンギンも稀に見れるということですが、温泉とペンギンなんて異質すぎて想像がつきませんよね。
このように世界には沢山の温泉の歴史、そして現在も脈々と受け継がれています。
しかし、狭い土地に集中して温泉街があるのは日本ならではの光景ですね。
また、どの国も水着を着て入浴するのが一般的のようです。
全裸で入浴する快感を知っている日本人にとっては、水着を着てお湯につかるなんてまったく考えられません。
「日本の温泉も行きつくした!」という温泉通の人は、次は世界の温泉めぐりをしてみてはいかがでしょうか?これまでみたことのない、壮大な景色と素敵な人との出会いがあるかもしれませんよ。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知らない温泉のコト。 All Rights Reserved.