温泉と蕎麦

温泉と相性がいいのが「蕎麦」。
温泉街の近くには必ずお蕎麦屋さんがありますよね。
温泉好きは蕎麦好きという定説もあるくらい、温泉と蕎麦は切っても切れない関係です。
蕎麦の元となる蕎麦粉は、温度の熱と湿気に敏感で管理が難しいとされています。
ですから、蕎麦は、冷たい冷水に手をいれ冷やしてから素早く打つといいます。
シンプルな中に、蕎麦職人の熱意と心意気が詰まっているのです。
また、蕎麦にはルチンという栄養成分が含まれていて、血液をさらさらにする効果があります。
その他にも、ビタミンB1やポリフェノールなど身体にいいとされる栄養成分が豊富に含まれいています。
老若男女にも好まれている蕎麦は、年代が幅広い家族や仲間と一緒に食べることもできます。
季節を問わず味わえるのもいいですよね。
調理しだいではお酒のつまみにも変身しちゃいますよ。
紅葉が色づきを増す新蕎麦の季節には、蕎麦の香りを楽しみながら、ゆったり温泉につかる贅沢な時間はいかがでしょうか?健康にいい蕎麦だから、温泉との相性がいいのかもしれませんね。
温泉で血行をよくし、蕎麦を食べて血液をさらさらに、そしてお肌もすべすべにと一石二鳥の「温泉」と「蕎麦」の組み合わせは是非おすすめです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知らない温泉のコト。 All Rights Reserved.