温泉の魅力を引き出す「料理」

ゆっくり温泉につかった後のお楽しみは「料理」ですよね。
料理が自慢の温泉宿も多く、地元の山の幸・海の幸をふんだんに使用された料理からは、その土地に根付く味や文化までも伝わってきます。
また、宿泊先のお上さんやスタッフともお話ができる機会でもありますが、日中遊んでいて気になったことなど質問すると会話が弾みます。
また、地元ならではの訛りも素敵ですよね。
同じ言葉でも土地によって認識が違う会話をするとさらに盛り上がりますよ。
東北のある地域では「ゴミをなげる」といいますが、一般的には「捨てる」ですよね。
でも言われた方は「捨てる」と「なげる」とではぜんぜん違うので困惑してしまったなんて話もあります。
そんな、話しをしながら、普段は聞くことができない話をすることで、またひとつ素敵な思い出が出来ます。
小さい子どもを連れて行くときは、子ども用の食事があるか確認することも忘れないでくださいね。
子ども用の食事をお願いできるほうが、家族みんなで食事も楽しめます。
すっきりとした目覚めの朝に頂く食事も、美味しいですよね。
自分で用意することなく、全て準備が整っている状況に思わずうっとりしてしまいます。
素泊まりの温泉旅行もリーズナブルでいいですが、せっかく時間をかけて訪れた土地の料理を味わったほうが、温泉の魅力をさらに楽しめますよ。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知らない温泉のコト。 All Rights Reserved.