意外と知らない温泉のコト。 TOP

このサイトについて

連休がとれたら、ゆっくり温泉でもいって日頃の疲れを落としたいものですね。
豊かな自然を堪能しながらの露天やちょっとリッチに個室の温泉付きの部屋をとって好きなだけ温泉につかるのも素敵です。

温泉を選ぶときには、旅館やホテルの雰囲気や料理、中には湯の成分なども詳しくチェックする人もいるでしょう。しかし、意外と見落とし勝ちなのが「温度」なんです。

お湯の温度は38度くらいのちょっとぬるめの温度から、43度以上のかなり温度が高く熱めの温度まであります。
また、意外と知られていない温度によって温泉の入り方や目的があるのですよ。

38度ほどの入浴は「微温浴」といわれ、体温に近めなのでゆっくりと時間をかけて入浴します。そうすることで、身体にあまり負担をかけずにリフレッシュできます。ストレス発散をしたい時にはいいでしょう。

次は41度ほどの「温浴」。一般的な家庭でのお風呂の温度は、だいたい41度くらいです。適度な刺激がお肌にも良いとされ旅館やホテルでも41度前後に温度設定されている場合が多いですね。

そして43度以上の「高温浴」。かなり熱めなので3分ほどの短い時間で入浴をします。一気に汗をかくので、皮膚に付いた汚れや脂肪がよくとれますよ。体力も使うため、入浴した後はゆっくりと眠ることができますよ。

温泉を選ぶときには「温度」も気をつけてチェックをしてくださいね。

    意外と知らない温泉のコト。

    おすすめ情報

    落ち着きながらワイワイ楽しめる雰囲気のイベントを楽しむ社会人サークルを神戸で探しているなら、社会人らしいモラルあるイベントなので初対面同士で打ち解けやすくてオススメです。
    問い合わせからスムーズに買取まで進めてくれて、定期的にキャンペーンをやっているのでよりお得な絵本買取業者を探しているなら、売却する量によっては送料が無料になるなどの特典もつくため、できるだけ高く買い取って欲しい方にはお勧めです。
    ゆったりと納得のいくまでご自宅の練習場のようなインドアゴルフスタジオなら、充実した施設の器具を使った上達のための練習だけでなく自分だけのオリジナルクラブも作る事が出来るので、さらに上のレベルを目指している人にもオススメです。
    Copyright(C) 意外と知らない温泉のコト。 All Rights Reserved.